RFIDを導入するメリット

 物品の個体管理を可能とし、資産管理に適用できます

 タグの一括読込により、業務効率化に効果を発揮

 直視できない場所・遠くの場所でも読取が可能です

RFID導入時の課題は?

RFIDタグを利用した物品管理のメリットは「製品個々の識別」が可能であり、自社の資産管理等の用途に適用が可能な点です。

RFIDタグを読取するハンディターミナルや固定式のリーダには、パッケージソフトウェアがあり、基本機能のみでの運用であれば短期間で導入することができます。しかし、在庫管理システムで在庫を数量単位で管理している場合には、RFIDで取得した情報をそのまま利用することができません。

RFIDの情報を利用する為に在庫管理システムを改修する場合、現行機能への影響が大きく、調査や改修箇所のテストに時間と労力を要します。

RFIDクラウドサービスでできること

導入時に必要となる「個体管理(RFIDのID管理)」の機能をクラウドでご提供するのが「RFIDクラウドサービス」です。
在庫管理システムでは管理できない「個体」の所在・状態の管理を行います。

RFIDでの物品管理では、同一商品でも個々を識別 して管理する必要がありますが、通常、在庫管理 システムでは同一商品を数量で管理しているため、個体管理を行うことができません。また、自社資産の管理についてはシステム化されていない場合がほとんどです。

「RFIDクラウド」は、短期間・ローコストで物品の個体管理を実現するSaaSサービスです。

ソレキアRFIDクラウドサービスの特長

基本機能に絞ってご提供

入出庫を伴う物品のシンプルな管理を
可能とする基本機能をご提供します

導入までの時間を短縮

導入までのリード時間を
短縮することが可能です

PoC運用に最適

基本機能に絞ってご提供するので
RFID導入検討の為のPoC運用を
始めたいお客様にも最適です

RFIDクラウドサービス 機能について

照会・入力

在庫品の各種情報を
照会・入力します
・保管場所別受払照会
・現在個数数量照会
・入出庫入力

帳票

各種詳細情報について
帳票として出力します
・保管品詳細一覧
・長期滞留一覧
・受払履歴一覧

ハンディ連携

ハンディターミナルとの
データ連携を行います
・ハンディデータ一括取込
・ハンディ用マスタデータ取込
 

締処理

受払情報の
月次繰越処理を行います


・月次締処理

各種マスタ保守

各種情報を
照会・入力します

・ユーザ ・保管場所
・保管品 ・名称
・伝票 ・会社

一括情報取込 (オプション)

・ユーザ情報
・保管場所情報
・保管品情報
・名称情報
・伝票情報
 

※一括情報取込(オプション)機能のご利用には別途料金が発生いたします。
※その他、記載のない機能が必要な場合には個別対応となります(別途見積)。

導入までの流れ

※利用できるハンディターミナルは、当社が指定するもののみとなります。
※ハンディターミナル利用時には、パッケージソフトウェアが必要となります。

活用事例

輸送用パレット・輸送用資材の所在を明確化

貨物輸送にご利用されているパレットにRFIDを取り付け、輸送時に輸送先を登録し、所在管理に役立てていただくことができます。

出荷パレットの所在を明確化することで、輸送先への返却依頼をスムーズに行うことができ、輸送パレットの返却率向上・補充購入のための経費削減に効果を発揮します。

その他、折り畳みコンテナ・カゴ車などの輸送資材を管理していただくことも可能です。

書類の所在管理

書類棚から書類を持ち出す際に利用者(ユーザ情報)・持出先を記録し、返却時に再び読込を行うことで、書類の所在を管理することが可能です。

該当書類が見つからない際は、保管場所や利用者(ユーザ情報)から未返却などを照会画面で確認することができます。

ハンディターミナルを利用し、広範囲から書類のあるだいたいの場所の目安をつける形で書類を探すことも可能です。