solekia

Solution Showcase

RFIDタグを利用したパレット管理システムで紛失による損失を削減

流通パレット数を見える化しパレットの紛失を抑制

物流センターで流通している大量のパレットは、出荷先で紛失されることが多く、流通に必要な数量を確保するためには紛失分を常に補充しなければなりません。パレットの購入には多額の費用が発生するため、パレットの紛失を抑制することが損失を抑えることに繋がります。

概要

流通している運搬用パレットは、毎年破損したり行方不明となってしまうため、破損・紛失分を毎年購入して必要なパレットを確保することになります。パレット購入における費用は多大な金額となるため、パレットの紛失を抑制することが大きな課題となっています。管理手法としてバーコードを利用したパレット管理がありますが、安価に実施できる反面、屋外での利用ではバーコードの劣化が激しく、読み取り時にパレットの向きを揃えなければならないなどの問題があります。管理手法として効果を発揮しますが、運用面では負荷が掛かってしまいます。

RFIDタグを利用したパレット管理システムでは、バーコード活用時の課題を解決し、運搬・返却時のパレットの見える化を可能とします。また、クラウドシステムとすることで導入・メンテナンス費用を削減し早期導入を実現します。

課題

出荷先で返却されるべきパレット数が把握できていないことがパレット紛失の大きな要因と考えられます。出荷先ごとに流通パレット数は異なりますが、多くのパレットが流通している出荷先ほど紛失リスクも高く、流通パレット数の見える化による抑制が必要です。また、運搬に使用したパレット数や返却されたパレット数の確認は運送担当が行うことが多く、正確な数量の把握が困難な状態となっています。

  • 出荷先での管理が難しく、紛失・破損による年間損失が大きい
  • 出荷時に行先と使用パレット数の確認は可能であるが、出荷先でのパレット数が把握できない
  • 出荷先では何枚のパレットを受け入れしたか管理しておらず、物流センターへ戻すパレット数を把握できていない
  • 出荷・返却を運送担当が行うことが多く、複雑な管理は行えない

パレット管理システム

RFIDタグによるパレット管理

パレットの対向2箇所にRFIDタグを貼り付けることで、パレットの向きを意識することなくパレットの読み取りが可能となります。タグは専用ケースに入れることで屋外での利用を可能とします。これによりパレットの向きを気にすることなく、リーダをかざすことでパレット数の確認が可能です。

パレットタグ
タグ取付位置

導入効果

  • RFIDタグをパレットに取り付けることにより個体管理を行うことができる
  • 出荷先とパレットを結びつけることにより所在が明確に
  • 出荷先に預けているパレット枚数が把握できる
  • 出荷先からの回収管理が容易となるため、パレット紛失の抑止につながる
  • パレットの有効活用が可能となり、無駄な追加購入がなくなり経費節約になる

詳しいご説明やお見積をご希望の方は
こちらからお気軽にご相談ください

お問い合わせ
サービスを探す

サービスを探す