ラインナップ

MotionBoard:情報活用ダッシュボード

印刷する

企業を取り巻くデータを価値ある情報に変える、統合可視化基盤

カテゴリー:

  • 業種/業務パッケージ
  • 運用/開発支援

業種:

  • 汎用

ダイナミックなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化する情報活用ダッシュボードです。リアルタイムにデータを反映するとともに、モバイル端末に対応することにより時間と場所の制限を低減し、データに基づく的確でタイムリーな意思決定をサポートします。

MotionBoard

MotionBoardはさまざまなデータソースに直接接続し、リクエストに合わせて集計結果をダイナミックに表現します。ERPやSFAなどのシステムに追加された新しいデータをリアルタイムに反映するため、 ユーザーは状況の変化をいち早く捉えることができます。ビジネスの進捗把握だけでなく、データに基づいたアクションの的確さとスピード向上をサポートします。

必要な情報は、時間や場所を問わず入手したいものです。MotionBoardはタブレットPCやスマートフォンなどの最新のモバイルデバイスに対応し、オフィス外のビジネスシーンでのデータ利用を可能にします。 通信環境に左右されずにデータを利用できるオフライン分析機能を搭載しています。

データの特性に合わせて柔軟に設定できるチャートバリエーション、ユーザーの思考に合わせてダイナミックに変化するチャートOLAPなど、ビジネスサイクルを促進する優れた機能を備えています。 MotionBoardをとおして“データ”はユーザーが業務改善や競争力強化のためのインサイトを得られる“情報”に変わります。




MotionBoardの主な機能

◆ダッシュボード機能
ダッシュボード上の多彩なアイテムは、ユーザーを取り巻く社内外の膨大なデータを、業務や意思決定に必要な情報として捉えやすく表現することが可能です。 ユーザーはあらかじめ設定されたチャートを見るだけではなく、ドリルダウンによる情報の確認や仮説検証、シミュレーションまで、ダッシュボード上のアイテムを起点に、自ら考えたアクションを行えます。

◆豊富な分析機能
ドリルダウンやドリルスルー、スライシング、ダイシングといったOLAP分析機能を網羅しています。既に集計された数字を見るだけでなく、より詳細なデータの確認や、 切り口を変えたデータ集計を自由に繰り返し行うことが可能です。ユーザー視点で多角的な分析を行うことにより、仮説の検証や原因の特定に役立ちます。

◆容易な画面設計
MotionBoardでは、ドラックアンドドロップなどのかんたんな操作でアイテムをボード上にレイアウトし、ダッシュボードを作成できます。チャートアイテム同士のリレーションや チャート以外の便利機能の設定まで、ノンプログラミングで行えるためユーザー部門でも設計が可能です。




MotionBoard +Mobile (オプション製品)

スマートフォンやタブレット端末から利用するための専用アプリケーションを提供し、モバイル端末が持つ携帯性や操作性を活かした情報活用をサポートします。 Android、iOS、Windowsそれぞれ専用に開発されたアプリケーションはタップやピンチ(拡大・縮小)などのタブレット端末特有のタッチパネル操作に対応し、モバイル端末ならでは情報活用ダッシュボードの利用ができます。

カタログ・資料ダウンロード

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる