ラインナップ

FUJITSU IoT Solution 安全管理支援ソリューション

印刷する

作業員の状態・状況・場所を遠隔で把握し、現場の見える化を実現

カテゴリー:

  • IoT
  • センサー

業種:

  • 製造業

IoTを活用し、過酷な環境がともなう製造業・建設業の現場で働く作業員の行動を見守り、安心して働ける職場づくりをサポートいたします。

作業現場における安全管理上の課題

製造業や建設業などの作業現場では、空調設備が整っていない環境や炎天下での作業により作業スタッフが体調を崩し、思わぬ事故につながることがあります。
さらに、単独作業を行っている場合には転倒・転落事故の発見が遅れて大事に至る可能性もあり、作業員の安全対策を入念に講じる必要があります。

システム概要

作業者が装着した「バイタルセンシングバンド」から周囲の温湿度やパルス(脈拍)、動作(加速度)を測定します。
測定データから熱ストレスや身体負荷レベル、転倒・転落の状況をアルゴリズムによって算出し、設定した通知条件に該当する場合はアラームによって作業管理者に通知を行います。
アラーム通知を受けた作業管理者は、それらの情報をもとに、現場の状況をすぐに確認し休憩を促すなど、様々な労務管理が可能となります。

サービス構成イメージ

バイタルセンシングバンドは、作業員の状態・状況・場所を遠隔で把握し、現場の見える化を実現。

作業の負担にならない約26gの軽量ボディで約24時間の連続駆動が可能。防水/防塵だから、様々な現場で使えます。

ロケーションバッジ/タグは位置情報活用や業務効率化を支援。

ロケーションバッジのボタンは、自分の居場所を相手に発信してサポートを依頼するなど様々な業務に活用できます。

バイタルセンシングバンド/ロケーションバッジの機能比較

デバイス 熱ストレス・
身体熱環境・
身体負荷把握
転倒・転落通知 本人からの
アラーム発信
位置情報把握
バイタルセンシングバンド

(ビーコン・ロケーターで屋内)
ロケーションバッジ

(ボタン押しで可)

(ビーコンorロケーターで屋内
+
GPSで屋外も可能)

安全管理支援ソリューション

製造業・建設業の現場における課題は...

  • 夜間などの作業員独立作業時に事故が発生した場合、発見が遅れ早急な対処ができない
  • 敷地が広大なため、転倒・転落事故があっても発見が遅れるリスクがある
  • 重機の周りや工場の自動化を実施している場所などでは事故が起きても気づきにくいことから、1名の作業を2名体制で行う必要がある
  • 夏場の炎天下や熱源がある場所での作業時に、休憩や水分補給などの対策を講じても、労働災害を完全に防ぐことは難しい

熱ストレス推定

同じ熱環境にあっても、個人の体力や体調によってストレスの受け方は異なります。
「安全管理支援ソリューション」では、温度・湿度の情報だけでなく、活動の状況やパルス数を組み合わせた独自の推定により、個人ごとに危険度を算出し通知。設備改善や休憩頻度を上げるといった一律的な対応ではなく、一人ひとりに適切な指示が可能です。

  • 熱ストレスへのリスクに対して、管理者が迅速に対応できるようアラームを出す
  • 公益財団法人 労働科学研究所様との共同検討による
    デバイス装着者の周辺を環境としてとらえる「身体(カラダ)熱環境指数」の開発

転倒検知

従来のシステムでは、一般的に、加速度の急激な変化から装着者の状態を推測していますが、それだけでは”ヒト”が転倒したことを判断することは困難でした。
ユビキタスウェアでは、複数のセンサーや人の状態を組み合わせて検知するので、”ヒト”が転倒したことを検知することが可能です。体幹に加えて、手首にデバイスを装着している場合にも有効です。
また、姿勢特定アルゴリズムを活用し、”転倒”と”座る”、”伏せる”状態を区別します。学習・分析機能により”ヒト”の生活パターンを学習することで、ノイズとなる動作を除去し、誤検出を削減します。例えば、就寝動作などの転倒に近い動作は除外されます。

導入メリット

* 安全管理支援ソリューションに含まれるバイタルセンシングバンドは、過酷な環境で働く作業者を見守り、安心して働くことが出来る職場づくりをサポートすることを目的としており、医療機器ではありません。
  疾病の診断、治療もしくは予防を目的としたご使用はできません。
* パルス:バイタルセンシングバンドを装着時に対応。
* 熱ストレス:日本生気象学会の「WVGTと気温、湿度との関係」を基に、温湿度にパルス数を加えて算出。
* 身体負荷:カルボーネン法などの指標を基に、パルス数から算出した活動による身体負荷を推定。
* ロケーションバッジを使用した場合「転倒検知」、バイタルセンシングバンドを使用した場合「転倒の後、一定時間起き上がれないことを検知する」が可能です。
* 屋内位置情報の取得にはロケーターまたは、ビーコンが必要です。ロケーター使用時は、別途サーバなどの構築が必要です。


お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる