テレワーク特集

印刷する

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方をICTで実現

ワークライフバランスの推進や感染症予防対策として政府からテレワークの実施が強く推奨されています。
通勤ラッシュや人混みを回避し、在宅での勤務を可能とするテレワークは、社員の安全を守るだけでなく、時間を有効活用することによる業務効率化にも期待ができます。

  

テレワーク対策ソリューション

  

ソリューション概要

リモートアクセス

テレワークにおいて自宅や外出先など場所を選ばずに会社のファイルやシステムを使用して業務を行うためには、社内のリモートアクセス環境を整えることが必要となります。
主に利用されている方式は以下の2種類。
①VPN(Virtual Private Network):遠隔地を仮想的な専用線でつなぎ、セキュリティ化された通信を実現する
②リモートデスクトップ:テレワークで利用する端末から遠隔で社内のPC画面を操作する
それぞれの機能・メリット・デメリットを踏まえたうえで、方式を選択することが重要となります。

クラウドVPN Verona
Veronaは、インターネット上に自社専用のプライベートラインを構築する“クラウドVPN”サービスです。
拠点間VPNにもモバイルアクセスにも対応。クラウド管理センターがVPNの構築・運用・監視等を代行するため、機器の設置のみで利用を開始することができます。

SSL-VPN PulseSecure
接続端末のヘルスチェック機能で危険な端末からのアクセスを阻止。また、各種認証との連携など、よりセキュアなリモートアクセスを実現するSSL-VPNソリューションです。

リモートデスクトップ Splashtop
アプリケーションのインストールのみでテレワークを実現できる手軽さが魅力のリモートデスクトップソリューション。
クライアント端末にデータを残さないので、セキュリティ面も安心。

monoPack(テレワークパッケージ)
USBを挿すだけで簡単に自宅のPCをシンクライアント化。VPNとの組み合わせにより安全性・利便性・コストパフォーマンスに優れたテレワーク環境を安く・早く構築することが可能です。

コミュニケーション・情報連携

離れた場所でも気軽に円滑なコミュニケーションができる手段を持つことによって、テレワークにおける生産性を向上。
ビジネスチャットやWeb会議を選ぶうえで、誰もがすぐになじみやすい操作性は重要な要素となります。

LINE WORKS
業務コミュニケーションのためのビジネス版LINE。多くの人が使い慣れているLINEの操作感を踏襲したUIと、個人単位での既読機能が特長的です。
トークではスタンプの利用も可能で、よりいっそう楽しいコミュニケーションを演出します。

Chatworks
シンプルでわかりやすいユーザーインターフェースが特長の、国内28万社以上の導入実績を持つビジネスチャットです。
タスク管理機能でメンバーへの依頼やリマインドを簡単に行うことができ、ToDoを確実に管理できます。

Zoom
独自の高データ圧縮技術で安定した通信を実現するWeb会議システム。様々なデバイスから簡単にミーティングの主催・参加ができます。

ポチトーク
業界トップクラスの「高画質」でストレスフリーに利用できるWeb会議システム。ブラウザを立ち上げて2クリックで開始できる圧倒的なシンプルさと、臨場感ある会議の再現性が魅力です。

勤怠情報の見える化

テレワーク中は、従業員全体の勤怠状況が見えづらく、また時差出勤やフレックス制を採用していると、事務処理も煩雑になりやすいという問題があります。
勤務体系に合った機能を持つ勤怠管理システムを導入することで、従業員の就業状況を見える化でき、確実な管理がしやすくなるとともに働くうえでの時間意識の向上にもつながります。

TIME CREATER
PCの操作ログをベースに勤怠を可視化。業務時間外の残業申請や、未申請時にプッシュ通知をすることで残業を抑止するだけでなく、従業員の時間に対する意識改善・生産性向上への効果も期待できます。

奉行 勤怠管理クラウド
自社の就業ルールと従業員ごとの働き方に応じた複雑な勤怠管理をクラウドで実現します。
在宅勤務・時差出勤などの勤務体系にも柔軟に対応しますので、今後テレワークを積極的に推進していきたいという企業にもお勧めです。

決裁(捺印作業)の電子化

テレワークへの移行後も、捺印作業のためだけに出社する必要に迫られていませんか?
稟議申請書、届出書、見積・請求書、注文書などへの捺印作業を電子化するクラウドソリューションで、ハンコ出社が不要に。申請・承認業務にかかる時間を大幅に削減し、ワークフローの効率化を実現することができます。

パソコン決裁Cloud

データ共有・一元管理

社内・社外を問わず、いつでもどこでも様々なデバイスから必要なファイルにアクセスし、その場での確認や共有を簡単に行うことができるサービスです。
柔軟な権限設定と強固なセキュリティにより、より安全なファイル共有を実現します。

法人向けクラウドファイルストレージ「AZCLOUD」
「保管」「整理」「管理」「追跡」「共有」等ができる利便性の高いクラウドファイルストレージです。
PC、タブレット、スマートフォンを通じ、いつでも便利で安全にファイルを共有することができます。

Box
Boxはセキュアなコンテンツ管理や、社内・顧客・パートナーを含む内外とのシームレスなコラボレーションを実現するプラットフォームです。
いつでも・どこでもシンプルで安全な情報共有を実現し、効果的な共同作業を加速します。

採用面接対策

新型感染症の流行を背景に、従来の就職活動も見直しを迫られています。
HireVue(ハイアービュー)は、採用活動に特化したデジタル面接プラットフォームです。多彩な機能によって、非対面であってもより高品質かつユニークな新世代の面接を実現します。

デジタル面接プラットフォーム HireVue(ハイアービュー)

中小規模向けデジタル面接プラットフォーム STC-HireVue

【東京都】テレワーク定着促進助成金

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、テレワークをより一層活用していくことが重要になります。
「新しい日常」の働き方であるテレワークの定着・促進に向け、都内中堅・中小企業等のテレワーク機器・ソフト等のテレワーク環境整備に係る経費を助成する制度です。

※「2020TDM推進プロジェクト」への参加が要件です。

助成金額 助成率
最大250万円 2/3
■助成事業の実施期間
支給決定日以後、3か月以内に完了する取り組みが対象となります。
【以下の2項目を満たす取り組みが対象です】
①事業計画書兼支給申請書(様式第1号)で申請した助成事業の実施計画(テレワーク導入計画)にかかる機器の購入や設定等が全て完了し、テレワーク環境が整備できた状態であること
②上記①のテレワーク環境を活用し、テレワーク実施対象者全員にテレワーク勤務を6回以上実施させた実績があること

■申請受付期間
令和2年8月24日(月) ~ 令和2年12月25日(金)まで ※消印有効
※郵送による受付・締切日消印有効
※予算の範囲を超えた場合は、受付期間内でも受付を終了します。

■助成対象事業者の要件
要件や申請方法等詳しくは「東京しごと財団」ホームページをご覧ください。

詳細はこちら

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

ページトップへ戻る

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる