ラインナップ

フロント内線通話(客室タブレットサービスvivuan -ヴィヴアン-)

印刷する

客室とフロント間の内線通話をタブレットで実現

カテゴリー:

  • IoT
  • クラウド

業種:

  • サービス/観光

客室タブレット・コンシェルジュサービスvivuan(ヴィヴアン)では、オプション機能として、「フロント内線通話」機能をご用意しております。各客室のタブレットからワンタッチでフロントへの呼び出しを行い、内蔵マイクとスピーカーで内線通話が可能。電話機やPBX、SIPサーバー等の設備を最低限に抑え、設備投資の削減に貢献します。

概要

客室とフロント間をゲスト用Wi-Fiを利用して繋ぐ、タブレットサービスの内線通話オプション機能です。

客室常設の電話機はモバイル端末の普及に伴い、外線通話、部屋間通話ともに利用率が低く、設備投資が重い負担になっているかと思います。客室内に設置したタブレット端末(vivuan)に内線通話機能を付与することで、ハードウェア投資を抑えてフロント・客室間の内線通話を実現します。

煩わしいダイヤル操作不要、ワンタッチでフロントへお繋ぎします

常設の電話機のようなダイヤル操作は一切不要。また、特別な操作もなくトップ画面上のボタンをタッチすることで、誰でも簡単にフロントへ発信できます。

機能を限定(*1)することで設備投資、維持費を削減

フロント直通電話のため、PBXやSIPサーバーは不要。ソフトウェアだけで構築し、ハードウェア投資はスマートフォンのみ。月額ライセンス費用のみで運用できます。
(*1)外線通話は使用できません。

場所に捕らわれないサービスの提供が可能

スマートフォンを持ち歩くことで柔軟な対応が可能になります。発信/着信履歴が残るので、折り返し連絡も可能です。また、宿泊されているゲストの氏名表示機能を付加できます。(オプション:PMS連動)

システム構成例

同一ネットワークでのフロント直通通話ができます。
複数台使用することで、スマートフォン間での通話も可能。
従業員同士の連携によりスムーズなサービス提供に貢献します。

導入されたお客様の声

PBXレスにより設備投資削減!

設備投資の削減とオーダの効率化につながりました。

内線通話機能活用事例はこちら      

客室タブレット・コンシェルジュサービスvivuan -ヴィヴアン-とは

館内施設や催し物、近隣情報・観光情報などの丁寧なインフォメーションや、
訪日観光客の多言語対応によるゲストサービス向上・業務効率化と併せて、
ゲストのご要望や声を集約して、リピート利用の促進や収益の向上をご支援する
ソレキアの客室タブレットサービスです。

vivuanサイトへ

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる