カテゴリー:

  • IoT

AR(Augmented Reality)とは

人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、 ICTを用いて得られるデジタル情報を、 重ね合わせて人間の感覚を拡張・強化する技術。現実の情報にデジタル情報(画像・動画、文字、音声)を加え現実以上の情報を提供します。

タブレット内蔵カメラに映し出された背景(現実)にソファー(画像)を重ね合わせて表示

拡張現実(AR)はバーチャルリアリティ(VR)の変種であり、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、文字通り人間から見た現実世界を拡張するものを指す。拡張現実は現実の一部を改変する技術である。拡張現実では人が実際に居る現実の部屋のテーブルの上に、仮想のティーポットが置かれているかのような情報提示を行う。<Wikipediaより>

特長1:現物に重ね合わせて表示

1.情報を読み込むだけでなく、現物に重ね合せることが可能
  • 伝えたい情報をピンポイントで表示
  • 向きや場所を正確に表示

2.作業部位、作業手順、注意事項、保守履歴をタイムリーに表示

3.床下・天井・壁裏・地中の配管・配線の配置を見える化
  • 柱や地中に隠れている配管をディスプレイ上に表示
    目に見えない配管もデバイスを通して見えることで、保守作業が効率的に行えます。
  • 見えない対象物を容易に把握
    地中などに隠れている配管を見える化することで、周辺工事へ影響調査が確認でき、事故を未然に防ぐことができます。

※普及例


・リフォームシュミレーション
・家具/家電配置シュミレーション
・自販機AR
・ARでジェット機の操縦
・店舗への道案内

・バーチャルアイドルのARライブ
・名所などの観光案内
・ポスター画像に動画を配信
・バーチャル試着
・美術館/博物館での補助説明

特長2:情報管理・更新

1.サーバで情報を管理することでリアルタイムに利用者に情報伝達
  • 提示する情報の変更が可能
  • 技術者以外でも情報の登録が容易

2.配布済パンフレットに「最新情報」を付加

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる