カテゴリー:

  • ASIC(日本語)

ASIC(Application Specific Integrated Circuit)とは

ASICは電子部品の種別の1つで、特定の用途向けに複数機能の回路を1つにまとめた集積回路の総称である。デジタル回路が一般的である。ASICは単機能ICと高性能演算用IC以外のほとんどすべての半導体製品を含んでいるため、多種多様なものが存在する。1990年代後半よりDRAM内蔵も可能となりFlashメモリ搭載のASICなど各社の得意分野が分かれるようになってきた。通常「エーシック」と発音されるが、日本でも書き文字ではASICである。

特長

FPGAと比較したメリット・デメリット

■メリット
  • 実装面積の縮小
  • 消費電力の低減
  • 動作速度の向上
  • 単価が安い

■デメリット
  • 開発費が高い
  • 開発期間が長い
  • 回路設計の誤りの修正が困難(メタル修正や造り直し)

分類

  • ゲートアレイ:gate array
    基本となる論理回路(ゲート回路)を一面に敷き詰めた「下地」を予め製造しておき、個別品種向けの配線層のみ注文に応じて作りこんで製品とする。配線層の製造工程だけで済むため製造期間が短く、下地は大量に製造するためコスト的に有利。反面、標準ゲートの組み合わせで回路を構成するため集積度・性能は劣る。

  • セルベース:cell base
    設計済みの機能ブロックを配置し、それ以外の個別ロジック回路とこれらの間の配線層を作りこんで製品とする。

  • エンベデッドアレイ:embedded array
    ゲートアレイの下地の一部の代わりに、設計済みの機能ブロックを埋め込み、残りのロジックはゲートアレイ部分を利用して配線するもの。ゲートアレイとセルベースの折衷型である。

  • スタンダードセル:standard cell
    上記3種を総称する場合、セルベースICを指す場合など集積回路ベンダによって使い方が異なる。

  • ストラクチャードASIC:structured ASIC
    開発期間を短縮するために、ゲートアレイの下地に加えSRAMやクロック用PLL、入出力インターフェースなどの汎用機能ブロックを予め組み込み、最小限の個別設計で対応できるようにしたもの。クロック分配回路などは製造者側で専用配線層を用いて配線するなど、ユーザの設計負担を減らす工夫が見られる。各ベンダで提供する機能はかなり異なる。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる