カテゴリー:

  • IoT

RFID(Radio Frequency Identification)とは

RFID(Radio Frequency Identification)は、SUICA・PASMOやおサイフケータイに普及で多くの人が特別意識することなく利用している電波(電磁波)を利用した個人(個体)認証技術です。電波を利用しているため、SUICAのようにワンタッチで情報のやり取りが出来たり、最近の車両用無線式キーなど、持っているだけで認証が出来たりと非常に便利な技術です。

RFIDの種類

RFIDには前述のSUICAやおサイフケータイのように決済を目的としたものから社員証や会員証など個人を特定するためのものなど様々な分野で色々な用途に利用されています。

表:RFID代表利用

対象
製品
形状
電池
タイプ
利用方法
人の管理 運転免許証 ICカード
パッシブ型 リーダにタッチ
社員証・会員証
マンション用ICカード
自動車無線式キー ICタグ
アクティブ型 保有するだけ
マラソン計測タグ
物の管理 回転寿司 自動精算皿 ICタグ
パッシブ型 リーダにかざす
Welmart商品タグ
帝国ホテルユニフォーム
お金の管理 Suica ICカード
パッシブ型 リーダにタッチ
nanaco
おサイフケータイ 携帯電話

RFIDの動作原理

RFIDには大きく分けて、自分から電波を発生させて動作をするものと読取り装置(リーダ)からの信号で電気を発生させて動作するものの2種類が存在します。次項にて詳細は記載しますが、ここでは簡単に動作原理を説明します。

自ら電波を発生させて通信するものはTVなどと同様に信号を電波にして送っていますが、電池を持たないRFIDの多くは下記図のように電磁誘導を利用して電力を発生させるとともに、コイルの負荷を変化させることで磁束に変化が生じさせて信号を伝達しています。(図はカード・タグからの信号のみ記載していますが読取装置との双方向で通信をします)

日頃見かけるICカードなどはほとんどがこの方法で信号のやり取りを行っています。この方式の利点は電池が不要で薄くカード化が可能で物理的な接触部がないため半永久的な利用が可能です。財布等に入れた時に反応が悪くなるのは図のように硬貨が電磁波を通さないためカードのコイルに磁束が届かなくなるためです。(ICカードはカードケースに入れましょう)

左図:磁誘導による電力の発生、中図:信号の伝達、右図:財布に入れた場合

タグの分類

電磁誘導等により電力を得て動作を行うRFIDを「パッシブ型」、自ら電源を有し電波を発信するRFIDを「アクティブ型」と称します。

■パッシブ型(パッシブタグ
電源が不要なため、基本構成はコイルとICチップだけであり、薄く、小さくすることが可能です。
  • SUICA/PASMO/PiTaPaなど交通系カード
  • 運転免許証・住基カードなど公共系
  • 社員証・会員証など

■アクティブ型(アクティブタグ
電源が必要なため、物理的に厚くなり部品点数も多くなりますが、通信距離が長く、翳したり位置合わせを行う必要がありません。ただし、「パッシブ型」に比べると価格が高く用途が限定されています。
  • 自動車用無線キー/イモビライザー
  • マラソン/自転車レース計測用タグ

タグの種類
特長
備考
パッシブ型 電池が不要 メンテナンス不要で半永久利用可能
構成部材が少ない 薄い製品・小型化
安価な製品 20円台から供給可能
セキュリティが高い 暗号化処理可能(交通系・決裁系)
通信距離が短い 10cm以下(交通系・決裁系)
UHFタグは正対時5m程度可能
アクティブ型 電池が必要 電池の定期交換が必要
常に送信可能 周辺環境・リーダに影響を受けにくい
指向性がない 全方向に送信可能
通信距離が長い 10m以上
ハンズフリー認証 操作等不要で無意識で認証可能

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる