M2M

M2Mとは Machine to Machine(マシーン・ツー・マシーン)、機器間の通信を意味します。人間の介在無しに機器同士がコミュニケーションをして動作するシステムです。M2M以外に、人間同士の通信をH2H(Human to Human)、人と機器との通信をH2M(Human to Machine)、M2H(Mcheine to Human)と呼びます。 M2Mとは携帯電話通信キャリア等、通信関連企業が人間同士の通信以外に機器同士の通信により市場を拡大する意図で使われ注目を集めた言葉です。よって、M2M通信というとGSM、3G、LTEといった無線通信手段を用いインターネット経由で機器同士が通信するという説明が多いのです。M2M通信において広域通信網へ接続する際にGSM、3G、LTEは非常に有効な手段です。しかしながら、M2Mの本質はあくまで機器間の通信でありその通信手段は多様です。 M2M通信ではクラウド経由の通信もあればローカルで閉じた通信もあります。無線を用いたM2Mに限らず、有線を用いたM2Mもあります。

M2M構成要素

solekia M2Mソリューション

ソレキアはRFID、EMS、AR、センサーの技術を中心にM2Mシステムを構築します。

RFID RFID(Radio Frequency Identification)は、Suica・PASMOやおサイフケータイの普及で、多くの人が特別意識することなく利用している、電波(電磁波)を利用した個人(個体)認証技術です。
EMS 「電気の使用状況」を把握(見える化)することで「電気料金」の削減に繋がります。EMS(Energy Management System)サービスは「電気の使用状況を見える化」を容易に実現します。
AR 人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、 ICTを用いて得られるデジタル情報を、 重ね合わせて人間の感覚を拡張・強化する技術です。現実の情報にデジタル情報(画像・動画、文字、音声)を加え現実以上の情報を提供します。
センサー 管理対象機器の挙動を計測するセンサーと、センサーで得たデータを情報管理基盤に送信する技術です。温度、湿度、速度、位置など・・・・

solekia M2Mソリューション

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる