ラインナップ

映像行動解析ソフトウェア FUJITSU Software Imagepower MiZZO!

印刷する

カテゴリー:

  • IoT
  • センサー

業種:

  • 汎用

Imagepower MiZZO!(イメージパワー ミッゾ)は、映像から動体(人、物)を検出し、数・滞留時間・軌跡(流量)を可視化するソフトウェアです。解析結果はCSVファイルに保存されるため、BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトウェアや他システムへ連携・活用が容易に行えます。また、バッチ起動機能で定期的に解析を自動で行うこともでき、お客さまの運用負荷を軽減できます。

概要

MiZZO!は、「人」「プロセス」「ICT」を総合的に捉えた、事実に基づく業務の見える化と、課題の真因を探り、全体最適に向けた改革の実行をお客様と一緒に取り組んでいく富士通の「フィールド・イノベーション」活動の中で、活用されています。

MiZZO!の機能概要


小売りやスーパーでは、店舗内の顧客動線の解析を、安価に、何度でも繰り返すことができるため、定期的な改善活動が行えます。現場観察やインタビューなどの定性分析手法と併用することによって、効果的な販売促進と売り逃しの削減が図れます。 工場や物流倉庫では、作業員の動線情報を収集し、特定エリアでの滞留時間や動線を分析するために利用できます。分析に基づくボトルネックの解消など、整流化による生産性の向上が図れます。収集した動線情報は数値やグラフで可視化されるため、改善前後での生産性の変化を定量的・視覚的に確認できます。

機能

Imagepower MiZZO!(イメージパワー ミッゾ)は映像に写った人や車両、動物など、動体の動きを認識し、デジタル化します。本製品の主な機能は、以下の3つです。
●動体カウント :特定の場所を通過した動体をカウントします。
●滞留時間計測:特定の領域内に、動体が留まった時間を計測します。
●軌跡表示:移動軌跡を表示します。また、動体の座標を記録します。

さらに、デジタル化されたデータは、カメラ映像上での表示やグラフ化などを行うことで、動体の行動傾向を知るために利用できます。例えば店舗や工場内で人溜まりができる場所、顧客や従業員の動線、人や車の増減が顕著な時間帯を分析できます。 また、バッチ起動機能で定期的に解析を自動で行うこともでき、お客さまの運用負荷を軽減できます。

解析機能概要:解析機能には「動体カウント」「滞留時間計測」「軌跡表示」があります。また、解析した結果はグラフ表示など行えます。

動体カウント 映像上の指定したラインを横切る動体を検出し、カウント(人数など)できます。複数のラインを指定できます。
滞留時間計測 映像上の指定したエリア内に滞留する動体を検出し、滞留時間を計測できます。複数のエリアを指定できます。
軌跡表示 動体の動きを検出し、軌跡データを出力できます。
データ出力・結果表示 映像を解析した結果はCSVファイルに保存されます。解析結果は、動体の映像上に重ねて表示したり、グラフで表示したりできます。

バッチ機能概要

バッチ処理を行うため、次の2つのコマンドラインツールを提供しています。これらのツールを利用することで、自動的に解析を行うことができます。 自動解析ツール(MiZZO!Auto)をWindowsのタスクスケジューラ等に登録することにより、定期的に解析を実行できます。また、バッチ起動ツール(MiZZO!Batch)を使えば、他アプリケーションからの呼び出しで解析を行うことが可能です。

 
自動解析ツールMiZZO!Auto 設定ファイルで指定したフォルダをチェックし、未処理の映像ファイルが存在する場合はバッチ起動ツールを呼び出し、解析を行います。
バッチ起動ツールMiZZO!Batch 指定されたパラメーターにしたがって解析を行います。

カタログ・資料ダウンロード

製品カタログ

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる