ラインナップ

μTURTLE(マイクロタートル)

印刷する

電力使用量ワイヤレス計測システム

カテゴリー:

  • スマートコミュニティ
  • IoT
  • EMS
  • センサー

業種:

  • 汎用

個々の系統ごとに電力量を測定することが可能です。収集したデータはグラフ表示や日報などに加工することができ電力の見える化を実現します。

電力使用量計測の必要性

日本政府は「地球温暖化防止」への取り組みとして、二酸化炭素を主とする温室効果ガスの排出量削減目標を国際会議の場で具体的な数値で提示し、その達成に向けて、国内全ての企業・家庭に対してエネルギー使用量を低減するための積極的な省エネ対策を求めています。

また、2011年春以来の原子力発電見直しが検討される中、国内の企業は 『計画停電』 等の電力使用制限施策への対策として、それぞれの事業形態に合わせた、作業日程・運用見直し等の対応が必要となっており、各事業所内の電気系統別、作業分野別、更には、曜日・時間帯別などの詳細な使用電力量の把握が急務となっています。

【電力使用量ワイヤレス計測システムはこのような課題を解決します】
  • 総使用量の15%(例)低減するとしても、系統毎・優先単位毎の電力使用比率が判らない
  • ピーク電力(=基本料金の基準値)がいつ、どの系統・機器で発生しているか判らない
  • 作業内容毎の使用電力量が明確に判らないので、運用見直しを計画できない
  • すぐに全系統を計測する投資はできない、順次、付け替えて実績を見ながら計画的に進めたい
  • 空調機、照明などの機器を省エネ型に更新する際に、どの機器から優先すべきか判らない

システムの特長

○計測器(電力センサ)を簡単に設置・登録できる
  • 設置後すぐに計測可能
  • 配電室やキュービクル内の機器配線が容易
  • 計測目標の変更、移設が容易

○計測器(電力センサ)からデータを収集できる
  • 定期計測の設定により、複数の電力センサから自動収集
  • 収集されたデータをUSBメモリに移すことで社内基幹LANと分離可能
  • 収集されたデータをLAN経由でWeb管理画面から取り出し操作可能

○収集データの表示・加工できる
  • CSVデータをExcel変換し、グラフ表示や日報などの帳票出力が可能

○電流センサ、パルスセンサ、アナログセンサ(温度・湿度)と併用できる

電力計測結果の分析例と導入効果

季節別、時間別、設備別、生産品目別など利用シーン別に使用している電力量を計測することで、改善点が見えてきます。

  1. 曜日、時間帯などの電力使用状況からプロセスのムダを抽出
  2. 電力量のピークがどこに発生しているかを確認
  3. インバータ化や低消費電力機器への交換を検討

【導入効果】
  • 個々の設備機器における電力量把握
    後付でセンサ設置が可能であり、設備機器種別毎、或いは、系統毎の現状を容易に把握可能
  • ポータブル計測ツールとしての利用
    測定希望場所へ一時的に設置し、設備更新の目安把握や設置前・設置後の比較を実施
  • 巡回点検の効率化
    計測値を自動的に蓄積し巡回点検時のメータ読み取り作業を省略化、また、定期的な計測も可能

カタログ・資料ダウンロード

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる