導入事例

熱ストレス推定アルゴリズム活用例

印刷する

カテゴリー:

  • IoT
  • センサー

業種:

  • 製造業

作業員の状態・状況・場所を遠隔で把握し、現場の見える化を実現。同じ熱環境にあっても個人の体力や体調によってストレスの受け方は異なるため、温度・湿度の情報だけではなく、活動の状況やパルス数を組み合わせた独自の推定により個人ごとの熱ストレスアラームを通知

導入の背景

  

【導入事例概要】

国名 日本
業種 製造業
ハードウェア FUJITSU IoT Solution ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド
  

【課題と効果】

導入前の課題 導入による効果
夏場の温度上昇により熱中症事故防止が大きなテーマに。
 →現場管理者が状況に応じた事故回避運用を行えるようにしたい。
各作業員の熱ストレス状況を管理者が把握する仕組みを整備。 現場の事故発生を事前回避する運用フローを検討し、安全な作業環境づくりに活用
安全管理の観点から保守作業は2人1組での行動を義務付けているが、作業負荷の観点からは1人でも実施できるため、作業量以上のコストがかかっている。
→保守作業員の安全管理を担保し人件費を削減したい。
保守作業員の転倒を管理者に通知する仕組みを整備。保守作業員の省人化を進めコスト削減に貢献

推定アルゴリズム活用

熱ストレス推定

■熱ストレスのリスクに対して、管理者が迅速に対応できるようアラームを出す
■公益財団法人 大原記念労働科学研究所との共同開発・評価:装着者それぞれの環境指数や身体の状態を加味した「熱ストレスレベル推定」
同じ熱環境にあっても個人の体力や体調によってストレスの受け方は異なるため、温度・湿度の情報だけではなく、活動の状況やパルス数を組み合わせた推定により個人ごとの熱ストレスアラームを通知

転倒検知

“ヒト”が転倒したことを判断することは困難

安全管理支援ソリューションによる作業員の見守り

作業員の状態・状況・場所を遠隔で把握し、現場の見える化を実現。

作業現場での危険回避

■作業現場での危険回避 現場の事故発生を事前回避する運用フローを検討し、安全な作業環境づくりに活用
■過酷な現場環境向けの機材レンタルに加えて、熱ストレスレベルを把握できるIDサービスの提供を行い、お客様からの満足度向上と売上増に貢献
■保守作業員の転倒を管理者に通知する仕組みを整備。保守作業員の省人化を進めコスト削減に貢献

※ 熱ストレス:日本生気象学会の「WBGTと気温、湿度との関係」を基に、温湿度にパルス数を加えて算出。
※ 身体負荷:カルボーネン法などの指標を基に、パルス数から算出した活動による身体負荷を推定。
※ ロケーションバッジを使用した場合「転倒を検知」、バイタルセンシングバンドを使用した場合「転倒後、一定時間起き上がれていないことを検知」することが可能です。
※ 屋内位置情報の取得にはロケーターまたは、ビーコンが必要です。ロケーター使用時は、別途サーバなどの構築が必要です。
※ 本サイトに記載された製品は、医療機器ではありません。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる