導入事例

冷凍倉庫温度管理システム適用事例

印刷する

冷凍倉庫の温度情報をリアルタイムに監視

カテゴリー:

  • IoT
  • センサー

業種:

  • 汎用

食品や医薬品などの倉庫保管は厳しい温度管理が要求されます。倉庫の温度情報や機器の稼働状態をクラウドでリアルタイムに監視することで異常時の迅速な対応や異常の事前予防を実現します。

概要

近年、「安心・安全」への社会的な関心の高まりから、生産や製造の過程のみならず流通・輸送における品質管理(トレーサビリティ)のニーズが高まっています。 特に食品や医薬品、化学品の倉庫保管は厳しい温度管理が求められ、「トレーサビリティ」を実現する必要があります。 本システムは取得した温度情報や空調など各種機器の稼働状況をクラウド上でリアルタイムに管理可能なトレーサビリティ対応ソリューションです。 またメール通報や遠隔制御にも対応。異常発生時に迅速な対応を実現し、冷凍品の倉庫保管における品質管理に貢献します。

課題

冷凍品の倉庫保管に関して発生する下記のような課題を解決します

◆主に対象となるお客様 倉庫業、製造業(食品、医薬、化学)

  • 倉庫保管中の庫内温度をリアルタイムに確認し、記録したい
  • 異常が発生した際に迅速に対応し、履歴を確認したい
  • 低コストで管理システムを構築したい

冷凍倉庫温度管理システム

システム概要

端末が取得した情報は携帯電話網でクラウドサーバに送信されます。サーバのデータはインターネット経由で閲覧可能です。クラウドサーバと携帯電話網を使用することにより初期費用を抑え、ランニングコストも低価格になります。

  

システム構成図

冷凍倉庫温度管理システム

  

機能

1 監視 ・倉庫内温度や各種機器の現在状態や履歴を確認できます
2 通報 ・温度などの各種異常が発生した際は管理者にメールで警報を発信します
・ランプやブザーを使用した警報通知も可能です
3 記録 ・温度や走行ルート、ドア開閉などの各種イベントの履歴を記録します
・冷凍機との接続により、冷凍機の運転ログの取得が可能です
4 制御 ・温度やドア開閉など各種イベントの履歴を記録します
・その他、各種機器と連携した遠隔制御に対応可能です

導入効果

  • 倉庫内の温度をリアルタイムに確認が可能。適切な温度での保管を実現します
  • メール警報などにより、異常発生時の迅速な対応を実現します
  • 過去の履歴を確認することで保管中の問題発生の有無を確認できます
  • 警報メールや現在地表示、ログの確認により冷凍機のメンテナンス効率を向上させます
  • クラウドサーバと携帯電話網を使用するため低価格でシステム構築が可能です

  

WEB画面サンプル

 

倉庫内温度情報

温度管理情報


お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる