導入事例

間接材調達支援サービスにより調達業務のトータルコストを削減(ホテル業向け)

印刷する

調達業務の一元化により業務の最適化を実現

カテゴリー:

  • 業種/業務パッケージ
  • サービス業

業種:

  • 汎用

「調達業務の一元化」「業務プロセスの改善」「支出の見える化」による調達コストの削減と業務効率化を実現します。調達業務全体の最適化により調達業務にかかる購入コストや業務コストを削減します。

調達業務の課題

ホテル業界での調達品の購入は、文具・事務用品、客室消耗品、清掃用品、レストラン消耗品など多品種にわたっており、各現場ごとに発注業務が行われていることがあります。発注方法も各現場により異なっており、電話やFAX、Webなど、商品ごとに手段が異なっていることもめずらしくありません。また、『誰が申請し誰が承認したか』といった発注プロセスがなく、『誰が、何を、どこから、いくらでいくつで購入したか』という購入情報も一元管理されていない場合があります。

課題 内容
購入方法がばらばら
・仕入先毎にWebや電話等、発注方法が異なっており、業務の効率化が図れていない。
・購入商品を担当者が各々で判断しており、重複発注依頼が存在する。
購入実績が見えない
・仕入先によって調達業務が異なっており、何をどのくらい購入しているのか横串で把握することができていない。
・仕入先毎に調達しているため、予算の実績管理ができていない。
経理業務の負荷増大
・仕入先毎に異なる請求書の突合処理に工数負荷が発生している。
・購入物品についてExcel等で管理しているが、記入漏れが発生している。

ホテル業向け間接材調達支援サービス『ソレキア Net2B』

コスト管理の難しい間接材調達業務における費用増加の要因は、
  • 間接材全体の支出状況(誰が、何を、いくらでいくつ購入しているか)がわからない
  • 間接材調達の業務工数(隠れたコスト)が把握できない
  • 調達ルールを根付かせる仕掛けがない

といったことがあげられます。こうした課題を解決するのが、ホテル業向けのクラウド型間接材調達支援サービスです。間接材調達業務の『プロセスの一元管理』『調達ルールの定着』はもちろん、支出状況全体の「見える化」により課題を顕在化し、調達業務の最適化でトータルコスト削減を実現します。

間接材調達における一般的な現状

ソレキアNet2Bによる間接材調達運用イメージ

■間接材調達支援サービス導入によるトータルコスト削減策

調達業務・取引の健全化(申請・承認による統制) 承認対象の発注は漏れなく購入内容をチェックし『無駄な支出を抑制する』
申請・承認というワークフローの導入をソレキアNet2Bの機能で簡単に実現できます。記入ミス、承認漏れ、事後承認などがなくなり、社内の購入ルールが徹底できます。また、伝票の管理・保管などの業務もなくなり、調達業務に掛かる業務コストの削減に寄与します。
購入品目の統制(お客様専用カタログ) 購入する商品を社内で統一することで『無駄な質のものを買わせない』
事前に商品を選定し、それらの商品をカタログに登録することができます。購入商品を限定することで、現場ごとの購入商品のバラつきがなくなり、コストダウンに繋がります。
調達コストの統制(予算・実績の管理) 購入予算の導入及び予算・実績管理により『調達コストを統制しつつ、コスト意識を高める』
部門ごとに購入予算金額を設定することができます。発注者や管理者のコスト意識が高まり、購入量の削減や安価な商品の購入促進によるコストダウンが図れます。
支出の一元管理(調達サイトの一本化で全調達を見える化) お客様固有の商品も含め、ソレキアNet2Bで登録・購入を行うことで『間接材調達にかかる支出の一元管理が可能になる』
発注代行サービス(有償)を利用し、ソレキアNet2Bでお客様固有の商品(お客様の名入れ包装紙など)を既存の仕入先から購入できます。これにより、支出の一元管理を実現できます。
支出の実績分析(予実一元管理レポート) 様々な切り口による管理レポートで『コスト削減アクションに繋げられる』
購入した商品の実績をすべてダウンロードし、パソコン上で編集・加工できます。部門別の購入実績、環境配慮商品の購入実績などが把握でき、商品や数量の適正化へ繋げられます。

レポーティング

4つの目的別管理レポートをご用意しています。導入後もコスト削減・効率化推進を強力にサポートします。

全体状況の把握

個別カテゴリ・拠点コスト削減余地識別


全体状況と歪な傾向・異常値の識別

業務効率化の余地を識別

導入効果

調達業務の一元化

  • 仕入先毎に異なる発注方法を一元化することで、調達業務の一元化を実現できます。
  • 見積業務をソレキアNet2Bで行うことで相見積に関わる工数削減の他、見積取得から発注まで一つの仕組みで行うことで業務工数を削減できます。

見える化による内部統制強化

  • 業務を一元化し、見積取得の履歴から調達承認履歴、全社の調達実績を明細単位で見える化、データ化することで内部統制の強化を実現できます。

経理業務負荷の軽減

  • 調達実績データを活用することで請求内容確認業務の工数を軽減できます。
  • 管理項目機能を活用することにより勘定科目の振分処理工数を削減できます。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる