導入事例

タッチタグを利用した作業管理で作業効率化を実現

印刷する

各工程の作業時間を数値化し作業効率を最適化

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • その他

生産性を向上する対策の1つとして製造工程の見直しが挙げられます。製造工程における対策では、システム化された管理体制でどの程度改善されているかを把握し、効果的な改善を実施しなければなりません。弊社はタッチタグを利用することで各作業エリアでの作業時間を数値化し、より効果的な作業改善を可能とします。また、同じタグを利用し入退管理を実施することで、不審者の進入防止(フードディフェンス)にも活用いただけます。

概要

近年の原材料高騰により止む無く値上げを実施する業者が多くなってきています。そうした中、製造工程の改善や生産性の向上の必要性もますます高まってきています。また、昨今問題となっている食品安全対策(フードディフェンス)への対応も注目されています。

課題

システム化された管理体制でなければ、人員配置や製造工程の見直しなどの改善対策を実施しても、実際にどの程度改善されたかを把握する手段がありません。より効果のある改善には、作業エリアごとの作業時間(滞在時間)を数値化し対策することが重要となります。また、昨今問題となっている食品安全対策の第一歩として、『不審者を入場させない』入場管理が注目されています。
  • 各作業工程における作業時間を数値化したい
  • 入場管理を実施したい(不審者を入場させない)
  • 管理のために特別な作業を実施させたくない(衛生面を考慮)

タッチタグを用いた工程管理

タッチタグを利用することで、これまでの作業工程を変更することなく作業時間の数値化や入場管理を実現できます。作業者がタグを服の下で保有した状態でセンサ(リーダマット)に触れるだけで認証が可能です。

工程管理

作業エリアにリーダマットを設置し、作業者がその上を通過(滞在)することで、作業者の特定や作業時間の測定が可能です。 各工程ごとの作業時間を測定することで、作業効率化をサポートします。
  • 作業服の下にタグを保有するだけの簡単利用
  • 作業者はタグを意識することなく指定場所を通過するだけ
  • 各工程の作業時間を計測集計可能
  • 作業者の工程ごとの所在確認が可能

入場管理

タグを認証することで開扉することが可能です。入場許可者以外は入場が出来ないような設定も可能です。
  • 作業服の下にタグを保有するだけの簡単利用
  • 作業者はタグを意識することなく指定場所を通過するだけ
  • 扉制御を含む入場管理が可能

導入効果

タッチタグを利用した工程管理システムを導入することで、作業者がタグを意識することなく、各工程での作業時間の測定が可能となります。これにより適材適所の人員配置ができ、効果的な作業効率化を実現できます。作業者は管理のための特別な作業を実施する必要がないため、これまでの作業工程に影響がありません。また、入場管理も行うことで、不審者の侵入防止などに効果を発揮します。将来的には生産管理システム全体の最適化も可能です。


お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる