導入事例

金属対応UHFタグで類似配管の払出ミスを防止

印刷する

払出ミスによる手戻り等を防止し作業効率を向上

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • その他

プラント建設の施工現場には多数のプレファブした配管スプールピースがあり、寸法が異なり形状が酷似していることから、管理や作業時に取り違えが起こることが問題となっています。それにより施工時の作業ミスや再手配などによる無駄なコスト増大による損失がでてしまうため、これらをいかに抑えることができるかが課題となっています。弊社のご提案する所在管理システムではUHFタグを用いることで配管スプールピースの取り違えを防止し、損失の軽減や作業効率の改善を実現します。

概要

現場における配管スプールヤード内の配管スプールピースは、点数が多く、また酷似形状も多いこともあり、目視による管理では注意をしていても間違いが発生してしまいます。プラント建設費の多くが配管工事で占められていることが多く、間違いが生じることが工事全体の利益に大きく関わっているため、いかに間違いを少なくし作業効率を改善できるかが大きな課題となっています。

課題

プレファブした配管スプールピースが現場のスプールヤードへ納められます。通常、配管スプールヤードでの管理は人に依存した作業となっているため、ピースの取間違えや持ち出しの誤りによる手戻りや再手配により、作業が中断するケースもあります。

配管スプールヤード受入時

  • 建設現場のスプールヤードに収められた配管スプールピースの管理が十分に行われていない
  • 配管スプールヤードには複数のピースが収められるため、保管間違いが発生

払出時

  • 必要なピースがどこにあるかが明確になっておらず探し出すのに時間がかかる
  • 酷似したピースが多いため取り間違えが発生
  • 持ち出しミスによる手戻り作業が発生

施工時

  • 作り変えによる無駄な作業が発生
  • ピースの再手配によりコストが増大
  • 再手配ピースが納品されるまで作業が進められない

UHFタグによる配管スプール管理

配管スプールヤードと配管スプールピースをUHFラベルタグで管理しています。受入情報と保管場所情報、配管ピース情報を関連付けることで払出のミスを防止します。
  • 保管エリアや保管ピースを登録することで保管場所を特定
  • 保管されている各ピース情報を読み取ることで払出ミスを防止
  • 必要な配管スプールピースであるかを確認できるので取り違えがない

導入効果

払出時に配管スプールピースのタグ情報を読み取ることで、対象ピースの速やかな特定、ミスのない払出を実現します。酷似配管ピースがあった場合でも間違いを防止できるので、手戻りが減り作業効率が改善されます。また、配管スプールピースの再手配がなくなり、無駄なコスト削減にも繋がります。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる