導入事例

風力発電の仕様と導入効果

印刷する

カテゴリー:

  • スマートコミュニティ
  • IoT
  • EMS

業種:

  • 汎用

風車1基1回転にで約1,000Wの電力を生み出します。年間では1基で約1,600世帯の電気需要を賄うことが可能です。

風力発電の仕組みと効果

風力発電は、開発可能な量だけで人類の電力需要を充分に賄える資源量があるとされています。日本では、企業や研究機関により日本の環境に適した風車の開発も活発に行われており、効率の良い再生可能エネルギーとして、これからの普及に期待されています。風車1基 1回転により、約1,000Wの電力を生み出します。(2.5MW風車の場合)年間では、1基で約1,600世帯の電気需要を賄うことが可能です。

売電事業としての風力発電の導入

風力発電の売電価格は、20kW未満の設備の場合57.75円と、比較的高く設定されています。売電事業として経済性を確保するためには、平均風速5~6m/s の風況適地の選定が必要と言われています。全国の地域ごとの風速状況については、NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)のサイトにて公開されています。また、中規模以上の設備では、騒音が発生するため、環境調査が必要となってきます。

都市部では、発電事業に必要な5m/s以上の風力はありません。しかしながら、弱風2~3m/s の弱風から発電が可能で、騒音の少ない市街地でも導入が可能な、数百W から数kWクラスの小規模な風力発電システムが普及してきています。

風力発電装置の種類

  • 風力発電の街路灯
    LED街路灯を、風力発電により点灯させます。蓄電池を内蔵しているので、風がないときでも、蓄電池の電力により、点灯が可能になります。

  • 屋上据え置き型の風力発電 (ハイブリット型)
    屋上に、風力発電と太陽光発電を設置。ソーラーモジュールを接続し、ハイブリッドで発電を行い、設置効率を向上することができます。

関連ソリューション

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる