導入事例

太陽光発電の仕様と導入効果

印刷する

カテゴリー:

  • スマートコミュニティ
  • IoT
  • EMS

業種:

  • 汎用

昼間の日照時間帯に発電するため、電力需要ピークを緩和し温室効果ガス(CO2)排出量削減につながります。規模を問わず発電効率が一定なため小規模運用も可能です。

太陽光発電の仕組みと効果

太陽光発電は、昼間の日照時間帯に発電するため、電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス(CO2)排出量を削減につながります。また、発電部に可動部分が無いため、機械的故障が起きにくく、規模を問わず発電効率が一定なため、小規模な運用も可能です。

発電量の予測

太陽光発電の導入検討においては、発電量を予想し、シミュレーションを行うことができます。

日本の平均的な年間発電量は、1キロワット当たり1050kWh程度と言われています。地域別に日照量や晴天の日数が違うため、「太陽光発電量マップ」のように北陸と九州では、約300kWhの発電量に差があります。

導入する地域と、候補のソーラーパネルを特定すれば、気象協会のデータを用いて、発電シミュレーションを行うことが可能です。日照量の少ない冬季に加え、曇天や雨天の多い6月は、発電量は下がります。また、パネルは熱に弱い性質があるため、夏は、発電量の損失が大きくなり、春先よりも夏場の発電量は落ちる傾向にあります。

売電の効果

太陽光発電を売電する際の価格は、今年度37.8円/kWhになりました。これは、電力会社から、通常の電気を購入する単価(約20円前後)に比べて、まだまだ高い単価であるため、自家用に使うよりも売電するほうが効果が出てきます。さらに、太陽光設備の導入促進に伴い、設備の価格が下落傾向にあります。売電による導入効果は、(場所などの条件にもよりますが) 8年-12年の期間で回収できるシミュレーションになる傾向です。

関連ソリューション

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる