導入事例

UHFタグシステムによる配送車管理システム

印刷する

車両の入退記録管理や配送ミスを削減

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • 製造業

積込み製品と車両情報を管理することで積載や誤配送を防止します。

概要

配送トラックが実際に工場内でどのくらいの待ち時間があるのか、積み込みにはどのくらいの時間がかかっているのかを正確にとらえるためには、工場入場時間とトラックバース待ち時間、積み込みトラック(バース滞在)時間など管理する必要があります。配送トラックは、通常工場入退場時に守衛が手動で入退場記録を行うとともに運転手が工場出荷時に配送コースNoと車番を記録して(出発登録)出発します。これらの作業は、いずれも手動で行われており、間違いが良く発生してしまいます。そのため、RFID等を利用するなどして守衛及び運転手が簡単に出来る方法で改善し、車両が工場に入場した時間とバースに車両を入れた時間、バースから出た時間、工場から出た時間も記録する必要があります。

提案システム

導入効果

  1. 運転手まかせの出発登録がシステム化され、単純ミスによる誤配送や記録ミスを削減
  2. 自動記録による入出場・バース作業時間の記録により車両管理が可能
  3. 守衛の作業削減による人員の有効活用・コスト削減

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる