導入事例

UHFタグを利用した車両入退場管理システムの導入

印刷する

短時間で正確な荷物の積み降ろしを実現

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • その他

車両の入退場を正確に把握することができます。誤積載などの問題が発生した場合でもすぐに車両を特定することが可能です。

概要・導入システム

車両の出入りが多い物流センターなどでは、車両の入退場管理が運転手に依存した管理体制となっていることがあります。その場合、車両番号や時間帯の記載ミス、記入漏れ等の問題が発生することがあり、問題が発生した際に車両特定まで時間がかかることが問題となります。

■課題
  • 記録簿は運転手に依存しているため、入退場時間の記入ミスや記入漏れが多い
  • 入退場手続きに時間がかかるため、車両が集中する時間帯では渋滞が発生
  • 荷物の積み間違いが発生した場合、車両を特定するまでに時間がかかる

UHFタグを用いた入退場管理システムを導入することで、これらの問題を改善し短時間でかつ正確な荷物の積み降ろしが実現できます。

導入効果

車両管理システムを導入することで、これまで把握できていなかった滞在時間等の情報を正確に記録することができるようになります。車両ごとに記録することができるため、荷物の積み間違いが発生した場合でも、短時間で車両の特定が可能となっています。また、配送データと積込データをリンクさせることで、車両の運行管理システムとしての運用が可能です。

  • 入退場車両の車両番号、滞在時間を正確に記録
  • 運転手の記入手続きが不要
  • 特定時間帯の渋滞の緩和
  • 誤配送の抑止
  • 不正入場の防止
  • 登録車両のスムーズな入退場が可能
  • 長距離通信のため、車両内で読取可能

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる