導入事例

UHFタグによる外出検知システム

印刷する

介護施設・特別支援学級向け

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • 公共/文教/自治体

不慮の外出を検知すると警告を出すことで事故等を未然に防ぎます。

商談経緯・概要

特別支援学校及び高齢者介護施設等において、不慮の外出により職員が探して時間が取られることや、外出により事故につながることがあります。そのため外出を検知するシステムが要望されました。

導入システム

  • ’タグの翳し忘れ’などががあり、常に身に着けられる物にしたい
  • 操作不要で検出させたい
  • 集団で登校・下校される場合がある(同時に多数のID認証が必要)
  • 校内サーバでは災害時にデータ利用出来ない

導入効果

  • タグが安価で複数の靴、スリッパ等に取り付けが可能
  • 個人の特定が可能
  • 不慮の外出を検出、通知を行うことで早い対応が可能
  • 床マット式のアンテナ利用で設置が比較的容易

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる