導入事例

電界通信認証「タッチタグ」を用いた工程管理(モニタ生産工場A社様/誤配送・誤組立防止システム)

印刷する

組立工程における誤配送・誤組立の防止

カテゴリー:

  • IoT
  • RFID

業種:

  • 製造業

生産ライン外で行われる『人の作業』の工程記録管理を実現しました。

生産工程における課題

組立作業現場において、生産ライン上の製品は管理は可能であるが、生産ライン外で行われる『人の作業』については正確な管理が難しく、製品(部品)の誤配送や誤組立を完全に防止することができないのが実情です。防止策として行先指示機による行先表示や製品にマーキングし組立作業場所も色分けするなどの対策を講じていますが、同形状の製品が多いことも影響し、次工程前に作業者が再度全数検査を実施する必要がありました。

■課題
  • 同形状の製品が多く、組み付け機器を間違えてしまう
  • 生産ライン外で行われる『人の作業』となるため、工程記録管理が難しい
  • 行先指示表示やマーキング等の対策を講じるも確実な防止対策とまでは言えない
  • 作業者が注意しても間違いは発生する
  • 誤組立を防ぐため、次工程前に再度全数検査を実施する必要がある

工程管理システム(誤配送・誤組立防止システム)

製品(部品)を取り出した作業者をタグ情報から特定でき、組立工程において『誰が』『いつ』『どこへ配送したか』を検知することが可能となります。これにより作業者と部品および製品の流れを結合し、生産ライン外での作業者が行う工程の監視、誤配送・誤組立の防止を行うと共に工程記録の管理が行えます。

■誤配送・誤組立防止システムの概略
  • 生産作業者がタッチタグを携帯
  • 生産ライン(商品・製品棚)および製品組立場所(作業場)にマットアンテナを設置
  • 作業者はこれまでと同様に配送・組立作業を実施

⇒タッチタグを携帯した作業者がマットアンテナ上を移動することで、作業者情報を保存し工程記録の管理を実施

■タッチタグを活用した誤配送・誤組立の防止および工程管理
  1. 作業者が生産ライン(商品・製品棚)に製品(部品)を取りに行った情報をマットアンテナが検出し作業者情報を保存
  2. 作業者が製品組立場所(作業場)に移動した際、作業者情報から製品情報を限定し、組立工程を検知(正常・異常の認識)

⇒正常:履歴のみ記録
⇒異常:パトライトによる警告やブザー鳴動等で異常を知らせ本来の組立場所を指示・工程の記録と次工程への通知を実施

タッチタグ利用のメリット

作業者のタッチタグ携帯とマットアンテナの設置のみで、誤配送・誤組立の防止が可能となりました。作業者はタッチタグを携帯するだけなので負荷がなく、作業内容や工程変更も不要です。また、タグに作業者情報の記録が可能なため、工程記録の管理も実現できました。

■メリット
  • 作業者はタッチタグを携帯するだけで、特別な操作や工程変更は不要
  • タグを露出する必要がない(作業着のポケット等)
  • 工数測定に特別な操作が不要で工数を増やすことなく作業者情報や作業工程記録が可能
  • 作業場所の変更等がある場合は、マットアンテナを置き換えるだけで対応可能

※無線式マットアンテナも準備可能です。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる