導入事例

統合型電子カルテシステムの導入(A病院様/HOPE/EGMAIN-LX)

印刷する

カルテ・オーダ・看護の機能が一体化した医療情報システム

カテゴリー:

  • 業種/業務パッケージ
  • ヘルスケア

業種:

  • ヘルスケア

診療情報共有を推進し地域一体となった医療を実現するためのICT化を強力にサポートします。

商談概要

A病院様では開院時より医療情報システムを導入されており、システム老朽化に伴い電子カルテシステムを更新を検討していました。これまでの運用では各システムごとにベンダーが異なっていたため、システム連携等における作業や調整に時間がかかり、求めるシステム稼働までには多大な時間やコストがかかっていました。また、障害発生時の切り分けも難しく、サポート面においては大きな不安を抱えていました。そのため、システム更新には以下のシステム要件および懸念事項の解決を必須とした選定が必要でした。

【システム要件】
  • 標準的なシステム(カスタマイズなしで各部門システムとの連携が可能であること)
  • 信頼性のあるシステム
  • ペーパレス/フィルムレスの運用に基づくシステム
  • 法令改定への確実な対応
  • マニュアル等の整備
  • メンテナンスが容易

【懸念事項】
現行システムでは各システムごとにベンダーが異なっておりサポート/メンテナンス面で不安がある
  • 電子カルテシステム
  • 医事会計システム
  • 介護システム

※ハードウェア(サーバおよびパソコン)もシステムによって異なるため、数社のメーカー製品が存在

弊社はこれらの課題を解決する『統合型電子カルテシステム HOPE/EGMAIN-LX』をご採用いただきました。豊富な実績により短期間での導入を実現し、サポート面においてもワンストップソリューションを実現しています。

電子カルテシステム(HOPE/EGMAIN-LX)

カルテ・オーダ・看護の機能を一体化し、1つのデータベースによる情報の管理を行うことで、各職種の方の記載内容がリアルタイムで1つのカルテに反映します。患者情報や利用者情報、診療情報のマスタなども1つのマスタで管理することにより運用効率を高めます。

■電子カルテシステム
  • 「真正性」「見読性」「保存性」の確保
  • 機能統合化とデータベースの一元管理によりチーム医療を強力に推進
  • 独自の二重化構成により万一システムダウンをしても参照が可能な仕組みを提供
  • ネットワーク型医療(地域連携等)を実現する標準化に対応(診療データを標準形式で保存)

■看護システム
  • 看護業務に必要な機能を標準化し看護の質の向上に貢献
  • カルテ・オーダと一体化したシステムのため、看護業務の効率化や正確な情報共有を実現(医事会計システムとの連携により転記作業が不要)

■医事会計システム
  • データ入力時に自動的にレセプト提出データを作成することで従来の一括レセプト編集処理を撤廃
  • 提出データのチェック結果を日々の窓口業務中に確認可能なため月末月初のレセプト業務の大幅な作業負荷を軽減
  • 過去レセプトの縦覧表示が可能

■ハードウェア(サーバ)
  • システム監視で安定稼働を支援
  • トラブル時には監視ソフトウェアによる詳細エラーから復旧部品の識別ができ早期復旧が可能

安心のサポート体制

  1. 法令改定時の対応
    法令改定時には、富士通が責任を持ってすみやかにプログラムを変更しご提供いたしますので、安心してご利用いただけます。

  2. 医療改定プログラム、新薬・経過措置情報の提供
    ネットワーク経由で改定プログラム、最新の新薬情報、経過措置情報をダウンロードするサービスを提供しております。

  3. QA対応
    医療システムの運用に関するお客様の疑問や質問にご回答いたします。操作トラブル対応方法をご説明いたします。

  4. 医療改定時の操作支援
    医療改訂時等の操作をご支援いたします。

  5. 障害切り分け
    トラブルのコールを一括で受付けし、ハード基本ソフトを切り分けご対応いたします。
    ※ハード・基本ソフトの保守契約(富士通サポートデスク契約)を締結済み機器に限らせていただきます。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる