導入事例

文書管理・電子決済基盤とのイメージ連携強化

印刷する

業務用スキャナfi-6240,fi-5015C,fi-5000N A市役所様

カテゴリー:

  • 業種/業務パッケージ
  • 公共/文教/自治体

業種:

  • 公共/文教/自治体

書類を電子化し一元管理することで業務効率化を実現。データの有効活用に期待が高まっています。

運用イメージ

  • 複合機はフロアに1台となり、日々の業務に必要な電子化プロセスには不向き
    ⇒各所課に設置することで、日々の業務で電子化を定着させることが必要

  • 複合機はランニングコストが高い
    ⇒予算に合わない、圧倒的に5年トータルのランニングコストは、スキャナが有利

  • 簡単操作(ワンボタン操作)、細かな画質調整が行えるfiスキャナを採用
    ⇒本庁は高速機タイプ、出先機関は低速機タイプで、用途に応じ紙文書を電子化

導入背景

  • 日常公務は紙(原本)ベース⇒書類山積み、書類を捜す時間など効率改善が急務
  • インターネット普及による電子文書の適時情報共有化と有効活用への期待が高まる
  • 文書管理・電子決済基盤とのイメージ連携(見積書、通達書類、印鑑証明etc)

導入効果

  • 6割の紙文書の電子化に成功し、ITプラットフォーム環境での二次利用が活性化
  • 複合機と比べ、圧倒的なランニングコスト低下に成功
  • IT環境での有効活用が行え、業務効率が高まった

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる