導入事例

完全互換のマイクロコントローラ(マイコン)の提供により製品継続製造を可能に(製造業 A社様)

印刷する

内部ROMデータを解析しデータを復元

カテゴリー:

  • 半導体・Components

業種:

  • 汎用

A社様が現在所有しているEOL(終息)マイコンの内部ROM用HEXデータが最終版であるかの確証がなく、製品を継続提供するためにはICパッケージのピンコンパチ品とする必要がありました。弊社は現在ご使用中のマイコンから内部ROMデータを解析し、最終版データを復元することで作業工数を大幅に削減。ピンコンパチ品に対応することで完全互換のマイクロコントローラを提供しております。

商談概要

A社様では長年にわたり産業用機器を製造・販売しています。それらの製品に使われているマイコン(80C51)が5年前にEOLとなりラストバイ対応で数量を確保していましたが、予想を上回る需要があり在庫が枯渇してきていました。今後も製品の製造・販売を継続するために、代替品のマイコンを準備する必要がありましたが、所有する内部ROMのデータはアセンブラソースをコンパイルしたHEXファイルとなっており、そのHEXファイルが最終版であるかの確証がとれず、プログラムの再検証をするためには新たな工数・開発コストが必要と考えていました。

課題

現在ご使用中のマイコンは代替品のIntel互換マイコンに比べてメーカー固有のレジスタ機能がいくつか追加されており、この追加レジスタ機能を使用しているかどうかの判断ができませんでした。またA社様が保管していた内部ROMのHEXファイルが最終版であるかどうか、当時の担当者が不在などにより、このデータが信頼できるものなのか判断できませんでした。また、プログラムの解析と修正には多大な作業工数を要することが大きな課題となっていました。
  • EOLマイコンだけに存在する追加レジスタ機能を使用しているか不明
  • 所有するHEXファイルが最終データである確証がない
  • 解析と修正には多大な作業工数が必要

内部ROMデータを解析することで最終版データを復元

Tekmos社 80C51

顧客が保有する内部ROMデータが最終版であるかを確認するためには、エミュレータソフトにてそのデータが最終版であるかの検証を行う必要があります。仮にそのデータが最終版ではなかった場合、デバッグ作業を何度も繰り返さなければなりません。弊社が提案したTekmos社では、現在使用中のマイコンから内部ROMデータを抽出しコード解析することで、最終版の内部ROMデータを代替品マイコンへ復元することが可能です。今回、ROMデータを解析した結果、現在使用しているマイコンメーカーの独自レジスタ機能を使用していない事が判明しました。このように内部ROMデータの抽出と解析作業をすることで、顧客が最終版のROMデータを保有していなくても代替品マイコンの提供を実現しています。

導入効果

顧客が現在使用しているマイコンの内部ROMデータを直接解析することで、新規プログラム開発や現存データの確認検証作業の必要がなく信頼性の高いデータが短期間で作成可能となりました。またパッケージ互換の代替品マイコンを提供することで基板の変更も不要となり、当初見込みより大幅な工数・開発コストの削減、また、開発期間の短縮を実現しました。
  • 現存データの検証作業が不要
  • 新規プログラム作成が不要
  • 検証期間を大幅に短縮
  • パッケージ互換品を提供することで基板の変更が不要
  • 変更箇所を最小限に抑えることで余計なコストが発生しない

※記載されている情報は2014年12月現在のものです。いかなる内部ROMデータも解析できる訳ではありません。

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部 営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

同じカテゴリ・業種で探す

カテゴリー:

業種:

キーワードで探す

ページトップへ戻る

フリーワードで探す

業種・業務で探す

閉じる

お見積もりや資料請求等、まずはお気軽にお問い合わせください。

担当:事業推進部
営業時間:9:00〜17:20(土日、祝日を除く)

閉じる